モバイルバッテリー取り扱いについて

%e3%81%93%e3%82%99%e6%b3%a8%e6%84%8f%ef%bc%94

 

■モバイルバッテリーへの蓄電方法
microUSBケーブル(蓄電用コード)を使用し、パソコンのUSBポートやUSB
ポート付きのACアダプターを接続し、モバイルバッテリー本体の蓄電を
行ってください。
※初めてご使用になる前や、長時間空いて使用する際は、フル蓄電に20
時間を要しますが、3回ほど繰り返していただくと、その後は8時間でフ
ル蓄電が可能になります。

 

■モバイルバッテリー本体を使用し、スマートフォン等へ充電する場合
モバイルバッテリー本体からスマートフォン等を充電したい場合は、
お手持ちの機器に付属のUSB充電ケーブルを使って接続してください。
また、モバイルバッテリー本体からの充電対象機器は、スマートフォン
(iPhone、Android)をはじめ、MP3,4プレイヤー、iPod、Bluetooth、
ゲームプレーヤー、カメラなどにも使用できます。
※iPhone、iPodをご使用の場合、Apple純正ケーブルをご使用ください。
正規品以外のご使用は、携帯などの故障の原因となりますのでお控えくだ
さい。
※モバイルバッテリー本体からスマートフォン等を充電したい場合、USB側の口(大きい方の差し込み口)に、USBケーブルを差し込んでください。表面からは数mm程度、銀色のコネクタが刺さってないように露出して見えますが、USBコネクタはぶつかるところまで差していれば充電可能です。
充電できない場合は、USBの差し込む方向が逆の可能性があります。実際に、USBケーブルがぶつかるところまで差しお試しください。
・モバイルバッテリー本体からの充電対象機器は、スマートフォン(iPhone、Android)をはじめ、MP3、4プレイヤー,iPod、Bluetooth, ゲームプレーヤー、カメラなどにも使用できます。
・iPhone、iPodをご使用の場合、Apple純正ケーブルをご使用ください。正規品以外のご使用は、携帯などの故障の原因となりますのでお控えください。

■ケーブルの向きにご注意ください
・端末などを充電するためのUSBコードは、製造会社や各機器により異なりますので、お確かめの上別途お求めください。(iphone、ipodをご使用の場合、Apple純正ケーブルをご使用ください。正規品以外のご使用は、携帯などの故障の原因となりますのでお控えください。)※わかりやすく色付きケーブルを使用しおております

モバイルバッテリーの規格は以下の通りです。 電池容量:4000mAh 給電可能回数:約2回 ※1400mAhのスマホに充電した場合 充電時間:約8時間 ※DCSV 1000mAで充電した場合 蓄電可能回数:約500回

 

■初めてご使用になる前や、長時間空けてご利用になる場合、モバイルバッテリー本体の蓄電が減っている場合がありますので、完全に蓄電してご利用ください。 ■2、3回蓄電し、蓄電がなくなる状態を繰り返すと最適にご使用できます。(蓄電対象機器や使用条件によって蓄電状況が変化いたします。 ■タッチパネル部分は保護フィルムが接着しております。剥がしてご使用ください。

 

<モバイルバッテリー取り扱い注意事項> ・出力側から充電しない  入出力を逆に接続すると発熱、発火、破裂、液漏れ、ケガの原因になります。 ・指定された定格値以上の電流・電圧で充電しない。  充電する時はパソコン等の USB ポートから充電してください。本製品の定格値を超えた電源を使用すると、  発熱、発火、破裂、液漏れ、故障やケガの原因になります。 ・分解・改造・修理をしない  修理技術者以外の人は分解したり修理をしないでください。感電や故障、怪我の原因になります。 ・水に濡らさない  水や液体が充電器内部に入ると発熱、感電、故障の原因になります。 ・端子をショートさせない  金属製等、導電性の小物と一緒に収納すると端子がショートする恐れがあるので一緒に持ち運びや保管をしない でください。発熱、発火、破裂、液漏れ、故障や怪我の原因になります。 ・高温になる場所で、使用保管しない   直射日光やストーブのような熱器具の近く、自動車のダッシュボード等、高温になる場所で使用、保管しない でください。変形や故障の原因になります。 ・火の中に入れない  火中へ入れたり、加熱しないでください。発熱、発火、破裂、液漏れ、怪我の原因になります。 ・もれた液体に触らない  電池から液漏れしたとき、もれた液体が目に入った場合はこすらずにきれいな水で洗い流し、直ちに医師の診断 を受けてください。失明などの原因になるおそれがあります。 ・使用中に煙が出たり、異臭や発熱している等の異常が起きた場合は使用しない  直ちに本製品への接続を全て解除してください。そのまま使用すると発熱、発火、破裂、液漏れ、故障や怪我の 原因になります。 ・もれた液が皮膚に付いた時はすぐに洗い流す  電池から液漏れしたとき、もれた液体かが皮膚や衣服に付いた場合はすぐにきれいな水てで洗い流してくたださ い。そのままにすると皮膚に障害を起こす原因になります。 ・多湿の環境下で使用、保管しない  お風呂や加湿器の近く等、湿気の多い場所や水のかかる場所てでは使用、保管しない。発熱、故障、感電の原因 になります。 ・所定の充電時間を超えても充電が終らない場合は充電を中止する  そのまま使用すると発熱、発火、破裂、液漏れ、故障や怪我の原因になります。 ・使用時に毛布や座布団等の布で包まない  発熱、発火、破裂、液漏れの原因になります。 ・本製品に金属等の異物を挿入しない  発熱、感電、故障の原因になります。 ・傷んだ充電ケーブルは使用しない  ショート、発熱、発火の原因になります。 ・ぬれた手で触らない  発熱、感電、故障の原因になります。 ・コネクタ部分に無理な力を加えない  発熱、感電、故障の原因になります。 ・乳幼児の手の届かない場所で使用、保管する  感電やケガの原因になります。 ・砂地やほこりの多い場所での使用、保管はしない  発熱、故障、ショートの原因になります。 ・本製品を使用中に、本製品への充電はしない  発熱、液漏れ、故障の原因になります。 ・6ヶ月に1度充電する  6ヶ月以上使用しない場合は充電してください。完全放電すると充電できなくなることがあります。 ・充電する端末の電池は外さない  端末の電池パックを装着せずに使用すると、端末本体を破損することがあります。 ・落としたり、強い衝撃を与えない  回路故障の原因となります。 ・卓上ホルダーには接続しない  直電対象機器に接続してお使いください。 ・本説明書記載の蓄電容量は減少する  内部電池の経年変化により徐々に減少します。 ・極度の低温や高温に置かない  充電のパフォーマンス低下の原因となります。 ・手入れの際、シンナー、ベンジン、ガソリンなどの有機溶剤や、アルコール、塩素漂白剤 などで拭かない  色落ち、変色、シミの原因になります。 ・機器に登録した各メモリーは必ず控えをとってから使用する  スマートフォン本体の破損や故障、データの破損、消滅等については一切の責任を負いかねますのでご了承く ださい。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-4-%e5%be%a9%e5%85%83
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。